ホーム > 痔宴の本棚 > JEN嫌い治療法 > 2頁

Jen嫌い治療法

本書ではJEN嫌いの治療法をご紹介いたします

方法2:JENのトークを聞く

それほどファンでなければ、ミスチルが出演しているラジオを聞くことはあまりないかと思います。その場合、JENを見ためだけで判断してしまっているおそれがあります。そんな方は一度JENのトークを聞いてみましょう。最近はテレビでも桜井氏と並んでよくお話できるようになりました。彼の内面を知れば、きっと何かが変わってくるはず。

真面目に語ることは珍しいくらい、彼の話はハイセンス(?)なジョークで支配されています。笑いなしでは聞けません。しかし、人にはそれぞれ笑いのツボというものがあり、それはみんな同じではありません。ですから、JENのジョークについていける人もいれば、逆に嫌気がさしてしまう人も当然いるでしょう。ついていけない方にJENのトークを聞かせれば逆効果なわけですから、この方法はちょっと冒険ですね。
※シモ苦手な方は注意!貴族な方は注意!

方法3:ドラムを叩く姿を見る

これが一番効果的な方法です。これでもダメならちょっと手強いです…。なんと言ってもJENはドラマー。JENのドラムは本当にすごいです。かっこいい!しびれます!!著者がJENに魅せられたのもこれが原因です。ライブに行って、桜井氏ばかり見つめていてはいけません。せめてイントロ・間奏・アウトロの時ぐらいJENに注目してみてください。きっとJENのドラムを叩く姿に惚れることでしょう。

ライブDVDもたくさん出てますので、こちらでチェックするのも非常に効果的だと思います。(決してスローモーションで見ないでください) この方法でJENが苦手だった方がジェンフリークになったという話はよく聞きます。ぜひお試しください!

前のページへ次のページへ本を閉じる

ページの先頭へ戻る