ホーム > ミュージアム >  I ♥ U

I ♥ U ツアーライブレポート

Mr.Children 2005

2005年11月12日 京セラドーム大阪

待ちに待ったこの日、ドームツアー2005「 I U 」初日。京セラドームに来た。会場に入った時、まず心躍らされる白いモヤのかかった独特の空間だ。そして巨大なステージ。ピロピロと響く音。今回の席は下図のとおり。

席図

適当で申し訳ないが、1塁側スタンド1番前の席。スピーカー類も邪魔にならず、非常に見晴らしが良い!間に障害物がなく、いつか城ホールで体験した「ミスチルと私が向かい合ってる」ような感覚だ。ただ、距離が遠いので肉眼ではJENをとらえるのがやっと。腕を動かしているのはわかるが、何を叩いているかはわからない。もちろん表情なんて全く見えず。

音については思ってたより良かった。すぐ近くにスピーカーがあったので、映像と音が大きくずれることもなく。手拍子のざわわわーというズレもさほど感じなかった。ただ、体感・迫力の面ではやっぱりホールより劣る。

そんな環境のなか、私から見た「 I U 」をお伝えします。遠いのはどうしようもないこと。ドームなんだから。この席でしか味わえないことを思う存分楽しもうと思う。

01♥ LOVEはじめました

えーっ!!思わずみんなが(やられた風に)笑ってしまったこの1曲目。大歓声。予想もしなかった選曲だ。でもよく考えたら「I ♥ U」だし、なるほどね。照明暗めでストロボもチカチカでJENの姿とらえられず、無念。

02♥ Dance Dance Dance

おなじみナンバー、あのイントロギターに会場沸く。お決まりのとこでドカンと一発花火。フォー!この曲だっけ、ペース配分のつかめてない桜井氏がこけました。後ろ回り1回転くるり。

03♥ ニシエヒガシエ

私の好きなシンプルバージョン。大人っぽいねぇと聞き入る。暗闇の中のJENが見えずはがゆい。アリーナを見るとみんなが両手振り振りしててイソギンチャクみたいだ。イソギンチャーク、チャークチャク♪

04♥ 跳べ

出だしから飛ばすなぁと思っていたら、とうとう来ちゃった。跳べ!案の定、桜井氏は私たちにジャンピングを挑発する。だけど知っていたんだろうか。大阪ドームでみんなが飛ぶと近隣が地震のように揺れるらしく、ジャンピングは禁止されている。そのせいかどうかわからないが、この日の観客は比較的大人しかったと思う。私も大人しくしてましたが・・・。

05♥ 光の射す方へ

シフクノオトの時と同じバージョン? JENの休憩入りバージョン。

MC♥うろ覚え

「Hey,Jude」を聞いていただきました。
この曲は田村亮子さんに奉げた曲で、、ヘイ、柔道…。大阪なんだからつっこんでくれないと。もっと言えば今は谷亮子だ!って…

バックでフュージョン風な演奏が続いてているのだが、このJENがこれまたかっこいい。流れ忘れたけどコール&レスポンスに入る。

例えばこう言ってほしい。(桜井的関西弁で)「めちゃイイ感じ♪」
なんだ!オレの関西弁がおかしいか!?
「しんさいばし♪」「アメリカ村♪」「アンパンマン♪」「バイキンマン♪」「メロンパンナちゃん♪」「ロールパンナちゃん♪」 関西はシビアだね・・・。本当は言わせたいことなんてありません。感じたまま叫んでください。例えばこんな風に、、

演奏もロックぽく大きくなり、普通のコール&レスポンス始まる。「ガッツだぜ!」とか言ってたけど。桜井氏はいつも関西弁うまかったんだけど、今回のは言いすぎたせいかおかしいのもあった。(笑)でも私らのハートは掴んでたよ。2日間、何かと言えばマネしてたからね。

06♥ 言わせてみてえもんだ

前の演奏からつなげて入る。終わり、また元の演奏に戻りいくらかシャウトして終了。

07♥ くるみ

ハープを用意し、一言MCあった。「誰かに問いかける曲」のよなこと言っていた。なんだろうというドキドキ感を誘いつつ演奏に入る。そして桜井氏から出た言葉は、、、「ねぇ、くるみ」 いや~ん!な雰囲気でした。(会場が)

08♥ CANDY

甘いのが続く。みんな聞き入る。

09♥ 靴ひも

JENの好きな靴ひも。映像は望月峯太郎のアニメーションですか?蟻と青年とバス停と女性が出てくるのだが、こわかった。妙な感じやなぁとずっと見ていたんだけど、女性が振り向いた時に「ひー!」てなる。がっくりした。

10♥ 隔たり

幻想的でした。壮大な感じはCDと変わらぬ印象。

11♥ DIVE~シーラカンス

シーラカンスが聞けるとは!ドラムがええねん!男らしいわぁ。

12♥ MONSTER

ハードロックな世界ですよ。これもっと盛り上がる曲だと個人的には思ってたのですが、少々怖すぎたようです。特にポップな世界に慣れている女性ファンにはきつかったんじゃないかな。そしてあの強烈な炎とドカン!びっくらこいだ。こわ~!!

13♥ CENTER OF UNIVERSE

あぁ、世界は素晴らしい。毎度ながらサビ終わりの叩き終えたJENは素晴らしい! クーッ!ってなるね。

14♥ ランニングハイ

裏打ちリズムにのっちゃうね。

15♥ CROSS ROAD

桜井氏が譜面台を出し、アコギを持って一人で歌うという。「ギリギリまで何を歌うか決めてないんです。だから何かオーダーしてくれれば・・・」口々にオーダーする観客。そして歌いだしたのがクロスロード。途中「知ってるよね?」と聞きながら。一緒に歌ってほしかったんかな。みんな聞き入ってた。

16♥ ラララ

とても力込め込め歌う桜井氏が画面にうつる。力の入れすぎか感極まったよな表情で、ちょっと潤んでるのかと思った。でも「ラララ~♪」をみんなに歌わせては嬉しそうな顔をする。

17♥ 蘇生

最後、「はぁ~はぁ~はぁ~」なのか「はぁ~はぁ~ほぉ~」なのか「ほぉ~ほぉ~ほぉ~」なのかちょい迷った。1番・2番を混ぜた感じにしましたが。

18♥ Worlds end

やっぱり出だしがいいねぇ。ジャカジャーン!たしかこの曲、桜井氏がJENの後ろの舞台にたちスターシルエットを見せつけていた。

19♥ Hallelujah

あぁ、いいねぇ。このドラムも好き。心地良い。そして、最後!いつもどおり「ハッハレッハーレッハレールゥ ハレッハーレルゥー♪」と大合唱するのだが、なんとそこに桜井氏が「and I love you♪」って入ってきた。そう言えば以前は「負けないように♪」って入ってきてましたねぇ。ハレルヤってすごいね。いろんな曲と合体できる。

20♥ and I love you

前曲からどう完全に変わるのだろうとワクワクしていた。いったん音がやみ、桜井氏独唱状態へ。ドームに、人に響き渡るさくちゃんの歌声。 一息入れて始まりました。「and I love you」ドラム入ってからはドラムに浸る。全体的に音は遠いんだけど、この曲は特にスネアの音がもっと大きく欲しかった。
照明がつき、本編終了。ええ~!まだまだ~!!

(アンコール)

ここで一度メンバー紹介かな。どんな感じやったか忘れてしまいました。

21♥ 未来

Aメロのドラムにのっちゃうね。この曲だっけ?スクリーンに4人が個人カットで映し出される。いやん、JENちゃん♪ ふと、よそ見をしたあとのこと。なぜかJENだけ映ってない。ぬぁーーー!さくさん、ジャマ!!

22♥ 僕らの音

画面にハウルみたいなのが出てきて、それが大きなひとつの木となる。「バイバイ、、、」という桜井氏の歌い出しがとてもしっかりしていた。

MC♥

この曲の最後の言葉が、今の僕らの全てです。

23♥ 潜水

「ララララ・・・」と歌うとき、桜井氏と音符の映像が重なってとても平和な感じ。キンダーガーデンな感じ。生きてるって感じ。 終わりに、「ラ」つながりで別曲「ラララ」の最後のラーラララ〜♪の合唱へと移行を試みる。が、しりすぼみに終わる…。たぶん、桜井氏がイメージしていたのと違ったんだろう。うまくいかなかったんだね。

みんな前に整列してメンバー紹介。JENどんなんやっけ。軽くおちゃらけてたけど、やっぱり本当はテンション低かったように見えた。裏に帰ってしまった時、なんか切なかったわ。こっちがもっと発狂してれば良かったかな。なんか客観的に見てしまいました。ごめんね。
でも良かったよ。座ってじっくり聞く体験もできたし。いろんな楽しみ方があると改めて思いました。

あとがき

いやいや、1週間もたってしまえば忘れてしまうもんですね。2日目とこんがらがります。今回はJENをリアルに感じれなかったので全体を見ることに専念しました。桜井氏はよく見れた。彼、走りすぎですよ。ちょ、ちょっと!って止めてあげたくなるくらいに走ってた。それでもって声が揺れないってすごい。

というわけで、不完全燃焼な気が若干しなくもないですが。何?JENですか?セイ、セイ、セイ。JENについては2日目で!

2005.11 みすちび

ミュージアムに戻る2005年ライブ一覧へ

ページの先頭へ戻る